春は鳥の言葉を + 1

月光57号(2018/12/31発行) 

 

 

 わすれもの光のみちる冬の空さらさら鳥は風に流され

 

流されし鳥も夕べに帰りつく心あるらし時報のきこゆ

 

ぼんやりときみを見ている輪郭が世界にとけてもう戻れない

 

戻らない夕陽をひとつポケットに忍ばせおわる冬のいちにち

 

真冬日とニュースが告げるざっくりのセーター選ぶ採血のため

 

ああ、ついに春待つ人となりにけり霞のなかの見えざるものよ

 

春霞家路はとおく蒲公英の踏みしだかれて風もながれず

 

春からは向日性の服をだし曲馬団より先を歩めり

 

木蓮とともに開かぬ春の戸を悲しかなしと開けていたるよ

 

菜種梅雨明けて青空もういちど春から始まる暦を編んで

 

目の前に器用に組まれた脚のあり眠たき女は楽譜を閉じる

 

春眠の背中重たき車内にてまどろみゆくは遠い日々なり

 

歌わずに春を過ぐ鳥それぞれの理由をもちて向きのさまざま

 

カタコトの鳥語を話し野をゆけば何とかなると思えてくるの

 

 

梔子の自傷してゆく白を過ぐケルンコンサ―トを聴きながら

 

 

 

いつの言葉か

月光56号(2018/9/30発行) 

 

 

日々はゆく核ののちのち月蝕を迎えていたり睦月尽日

 

何ならん赤銅の月過ぎてなおわたしの胸に重く浮かべり

 

寒雷か地鳴りかと思う郷愁がざあああーっと襲いくる午后

 

あの日から日々は不可逆垂直の背を望まれて向日葵はあり

 

灯をともす黄の花々の喜びを抱えきれずにさらに春めく

 

立ちすくむ感覚が脚に残ってるそれからの生の補助線を引く

 

生まれたる不安も夢もすぎてゆく影に呑まれるわれらの欠片

 

青年の胸板うすくはじかれし月のしずくを供物となして

 

 

 

遠吠えを聴かなくなりし冬空の月きわまるとはいつの言葉か

 

 

 

 

夢は夜にひらいて

月光55号(2018/5/31発行) 

 

 

寒空の星を盗もう崩れつつ仰向けに建つ丘の住宅

 

世代ごと地滑り起こすニュータウンされどあなたのめざす北辰

 

迷路だった行方不明になるぼくと四角に折れる道のそれぞれ

 

表札を眺めることが好きだった地上を離れたあなたの姓も

 

少しだけ開いたきみのくちびるの切り傷ひとつぼくは欲しくて

 

街路樹が高いのですよこの町はいくつも並ぶ空蝉たちよ

 

冬に鳴る空蝉の笛あしたから静かにたたくキーボードの指

 

「夜がまたくる」分かっていたことでしょうそしてまた言い逃れできずに

 

夜をピンで貼れたらねえそこからは忍び込まない夢の続きが

 

カラスの眼がぼくを見ている気がするのダークマターのあまねく満ちて

 

帰り道ジジジと唸る街灯と両肩に降る今日の敗北

 

頭蓋にてきみに届けと引く線の最短距離をマップは示さず

 

真冬には迷子となりてひるがえすコートの裾に夜が貼りつく

 

舞い上がる埃も声のささやきも静まり夢は夜にひらいて

 

 

 

夏の妹 / 冬のイカロス

月光54号(2019/1/31発行)

 

 

稲妻 突っ立ったままいる妹は神のお告げをぼくに教える

 

縁側で眠るひととき夕立は人さらいのように時を連れ去り

 

横文字を声張り上げて縦書きに読む妹は「ホエア・ディッド・アイ・カム・フロム?」

 

素足から虹は伸びゆく夏空へ打ち水ごとに女となって

 

あのね、あの秘密を持つの妹は蚊帳の端っこで背中を丸め

 

三つ編みの似合う娘だったもうたれも口をつぐんで夏を歌わない      娘:こ

 

うつむけばまつげの先からこぼれゆく夏のしずくはアスファルトに消え

 

 

 

 

美しき冬の扉よオリオンよ仰ぐときには指のさきまで

 

落下する夢を見ることなくなりて穏やかな坂くだり続ける

 

カシオペアあれは爪痕燃え尽きるイカロスがつかんだ宇宙の傷だね  宇宙:そら

 

マフラーをくれた女を思い出す今年の冬はたれも憎まず    女:ひと

 

大嘘に立ち会っているぼくの飲むコーヒーの不味さと灰色の空

 

これまではあこがれずにいたどこからを空と呼ぶのか飛び跳ねてみて

 

燃えながら落ちてくるのだ嵌め殺しの目をした幾羽ものカラスが

 

 

 

 

 

リフレインする夏

月光53号(2017/11/25発行) 

 

くりかえす後悔ひとつ鳥のよう手なずけ放つ夏の高みへ

 

ああ、ああと雷雲あおぎ後ずさる青のきりぎし空のきざはし

 

遠雷へ胸をひらいて眠る午後たれもかれもが子どもにもどり

 

気がつけばひかりは満ちてこんなにもさよならばかりしてきた夏に

 

刻まれた名前の奥にとどくよう光はふりぬ光はふりぬ

 

影が延びいつものように名を呼ばれ一人ひとりが消えてゆきたり

 

消えてゆく炭酸水の「気」の部分、ああ残念なんて嘘をつき

 

かき氷ひと匙こぼしまたこぼす不器用なきみにも秘密ができる

 

戻れないぼくを知るとき夕ぐれに素足は染まり何を失くした?

 

それは羽、そして夕ぐれいち日を失くして明日は夕立がくる

 

ランニング、半ズボンから伸びる四肢ぼくは展翅版を買いに行く

 

ピン抜けば翅を散らして四枚の蝶となりたる夏の恋あり

 

炎天の思い出ばかり吾の影は真下にありて一枚はがす

 

無防備の思いが焼ける炎天にきみ立ちのぼり夏はいよいよ

 

 

 

 

臨戦

月光52号(2017/8/31発行) 

 

 

美しきAll for One 夕暮れはまこと血の色すべてに及び

 

血の色の属性捨てたしわが胸に流れていたる過剰なものよ

 

雷魚とう潜みたるものそのすがた見た者はなし、捨てたらどうか

 

ぬばたまの暗渠にひそむハンザキの唱えきたりし教育勅語

 

何ひとつ信ずべきもの見つからず降伏せよと空が落ちくる

 

空の青、雲の白さと凡庸な世界のために寝ころんでいる

 

花束をほどきゆく風それぞれの名前を明かす五月の中へ

 

六月のまなこ閉じればくちなしに腐れるほどの慈しみあり

 

しかしまた耐えられないのただ白く咲くだけの花の思想なんて

 

文月へ角を曲がれば点描のひかりの服にきみは着がえて

 

いっぱいの水をもとめる身体あり朝のひかり昼の木漏れ日          身体:からだ  朝:あした

 

佇めば立ちのぼるもの眺めれば消えゆくものの抒情をさがし

 

名付けてよわがフロントは花をだき歌をうたいて敵前にいて

 

もうなにも要りはしないの、ねえあなたわれとわが身が邪魔になるのよ

 

 

 

 

死んだ男

月光51号(2017/6/24発行)

 

 

朝まだ来、五時五十五分まくらを濡らしわれは寝ており

 

六時半起床のベルを止めし朝きみはこの世にあらざりし漢

 

防御創空裂くために生まれこし花ではあらず冬薔薇の赤

 

柊の青を語れば手のひらの小さき秘密明かさねばならず

 

突然に引かれし幕の間へと手向けられたる両切り平和    平和:ピース

 

平穏な暮らしであったか闘いと悔恨交互に酌み交わしつつ

 

千年を思って歌えカナリアは捨て去るべきとニュースが告げる

 

白鳥のうた流れくるきみ逝きしカウンターに打っ臥せっておる

 

忘れられ一人前のアル中と言われし日々も消えゆく日々よ

 

もうすでに褪せてゆきたる赤信号死に化粧のごと雪は降りたり

 

酒飲めば世界は永久に暮れきらずたれとも和解せぬ決意なり

 

あらくれの男は逝けり旅たちを歌う少年肌やわらかし

 

ワンカップビールピーナッツ献花あり轢き逃げされしは歳ちかき男

 

六十三歳アルバイト夜明けまえいずこへ向かう道の途中か

 

 

 

*2017年1月7日午前5時50分ごろ、日ごろ利用するスーパー前の歩道で、近くに住む男性が倒れているのが見つかり搬送先の病院で死亡した。朝、現場検証に出くわす。ひき逃げで、後日24歳の青年が自首した。